銀行業務と人工知能は親和性が高いようだ。新興企業は大手銀行に先駆けて、ローン審査に人工知能を取り入れた。オンラインでローンの申し込みを受け、それを瞬時に高精度で判定する。クレジットヒストリーがない場合でも、申請者の適合性を的確に査定する。対象市場は米国だけではない。中国の巨大な潜在需要にも、注目しているようだ。

 人工知能が高度に進化することで、リーマンショックのような世界規模の金融危機を回避できるのでは、との期待も寄せられる。

Affirmという支払いオプション

出典: Affirm
[画像のクリックで拡大表示]

 新興企業から、人工知能を活用した金融商品が登場している。サンフランシスコに拠点を置く「Affirm」は、消費者向けに金融サービスを提供する。オンラインショッピングの決済で、消費者はクレジットカードで支払いできるほか、Affirmで分割払いができる(上の写真、左側)。若者層を引き込むため、サイトはお洒落にデザインされている。

 この画面でAffirmボタンを選択し、「Checkout with Affirm」にタッチする。Affirmは決済プロセスで、利用者の信用度をリアルタイムでチェックし、分割払いを提示する(上の写真、右側)。クレジットカードがなくても買い物ができるため、若者層に好評だ。

 最初にこのシステムを利用する際に、氏名、住所、生年月日、年金番号(個人を特定する番号として利用される)を入力し、口座を開設する。入力情報を元に、Affirmは人工知能を駆使して利用者の信用度を調査する。信用度が充分高いと判断すると、上の写真の通り分割払いの条件を提示する。支払い期間は、3カ月、6カ月、12カ月のオプションがある。

 このケースでは850ドルの買い物をし、3カ月の分割払いを選択した。毎月287.98ドル返済し、利率は年率換算で10%となる。利用者は毎月、デビットカードや銀行口座から返済する。小切手を郵送することもできる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら