米国で、おサイフケータイ技術の進化が止まらない。Apple Payがこのブームに火をつけ、Googleが「Android Pay」でこれを追う。Android Payは一見するとApple Payのコピーに見えるが、アーキテクチャーは全く異なる。Google Walletで挫折を味わったGoogleだが、Android Payでリベンジを狙う。日本で誕生したおサイフケータイだが、米国で大きく成長し、日本市場をうかがう勢いだ。

Google版おサイフケータイ

出典: Google
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleは2015年5月、開発者会議Google I/Oで「Android Pay」を発表した。これは、Google版おサイフケータイで、Apple Payに匹敵する機能を備える。カード決済機能だけでなく、会員カードと連携するとポイントが貯まる(上の写真左側)。アプリ内での決済機能もある(同右側)。従来のGoogle Walletは、おサイフケータイ機能を外し、ピアツーピア支払い(個人間での送金)サービスとして位置づける。これにより、Android PayとApple Payが、正面から衝突することになる。

出典: Google
[画像のクリックで拡大表示]

 Android Payの使い方は、Apple Payと同じ。スマートフォンをカードリーダーにかざすと、Android Payが立ち上がる。メッセージに従って、PINを入力するだけで処理が完了する。スマホをパワーオンしたり、Android Payを立ち上げる必要はない。別のアプリを使っている時でも、スマホをかざしてAndroid Payを利用できる(上の写真)。次期基本ソフトAndroid Mから指紋認証機能が導入されるので、Apple Payのように指を当てて認証できるようになる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら