Google自動運転車の基礎技術は、DARPA(米国国防高等研究計画局) の研究プロジェクトで誕生した。同じことが、ドローンで起ころうとしている。DARPAはドローン自動航行技術開発に着手し、軍事ミッションで展開する計画だ。

 NASA(米国航空宇宙局) はこの事態を想定し、膨大な数のドローンが飛び交う空域を、航空管制する技術を開発している。更に、FAA(米国連邦航空局) は、商用ドローン運行に消極的だったが、一転して大幅な規制緩和に舵を切った。米国政府が一丸となって、ドローン技術開発に本腰を入れてきた。ラジオやインターネットなどを見れば分かるように、軍事技術は早晩民間企業に公開され、製品やソリューションに応用される。米国のドローン技術が一気に加速する勢いだ。

複数のドローンを自律的に飛行させる計画

出典: DARPA
[画像のクリックで拡大表示]

 今年1月、DARPAは複数のドローンを自律的に飛行させる研究に着手した。(米国政府は無人航空機をUnmanned Aerial Vehicle: UAVと呼ぶが、ここではドローンと表記する)。このプロジェクトは、共同自律飛行(Collaborative Autonomy) を目指したもの。ドローンは高度な自律飛行能力を持ち、他のドローンと連携してミッションを展開する(上の写真)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら