ベンチャー企業「Matternet」が、ドローンを使った配送システムで覇権を狙っている。同社は既に新興国でドローン空輸ネットワークを展開し、実績を積んでいる。このシステムを、今後米国や欧州など先進国で展開する。Matternetが開発したドローンは、自律飛行して目的地まで荷物を運ぶ。消費者に商品を空輸するドローン配送技術をレポートする。

スマートドローン「Matternet ONE」

 Matternetは、シリコンバレーに拠点を置く新興企業で、ドローンを使った空輸ネットワークを開発している。このシステムは、既に開発途上国で医薬品の輸送などで使われてきた。Matternet共同創設者Andreas Raptopoulosは、カンファレンス「Drones, Data X Conference」で、次世代ドローン「Matternet ONE」を明らかにした。

出典: Matternet
[画像のクリックで拡大表示]

 ドローンはオペレーターが操縦する必要は無く、自動運転車のように、目的地まで自律的に飛行する スマートフォン(上の写真、イメージ)。このようなインテリジェントなドローンは「Smart Drone」と呼ばれている。ドローンはEコマースのパイプラインとして、店舗間で商品を移動したり、顧客に商品を配送する役割を担う。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら