Samsungは最新モデルGalaxy 6Sの発表イベントで、モバイル決済機能「Samsung Pay」を公表。いわゆる「おサーフケータイ」事業へ参入することを明らかにした。この発表は、SamsungはGoogle Wallet路線には乗らず、独自サービスを展開する道を選んだことを意味する。急成長しているモバイル決済市場で、SamsungがGoogleと対峙し仁義なき争いが始まった。

磁気リーダーで使えるおサイフケータイ

[画像のクリックで拡大表示]
出典: Samsung

 Samsungは3月2日、バルセロナで開催されたMobile World Congressで、モバイル決済サービス「Samsung Pay」を発表。一連の発表イベントはYouTubeで公開された。Samsung Payは、日本で普及しているおサイフケータイで、スマホをリーダーにかざすだけでカード決済ができる。Samsung PayはこのNFC(Near Field Communication) 方式に加え、MST(Magnetic Secure Transmission) という新方式をサポートすることを明らかにした(上の写真)。MST方式とは、磁気カードリーダーでおサイフケータイを使う技術を指す。NFC方式をサポートしていない既存の磁気カードリーダーで、おサイフケータイを使うことができる。

[画像のクリックで拡大表示]
出典: MasterCard

 Samsung Payの使い方は、おサイフケータイと同じ。ディスプレーを上側にスワイプしてSamsung Payを起動(Apple Payとは異なり、アプリは自動で起動しない)。次に指をホームボタンにあて、指紋認証で本人を確認する。今までは、指紋認証で指をスワイプしていたが、これからはiPhoneと同じように、指をあてる方式に変更された。MST方式では、スマホをカードリーダーの側面にかざして交信する(上の写真)。MST方式は、Samsungが買収したLoopPayの技術を使っている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら