Teslaは“Software-Defined Car”とも呼ばれ、ソフトウエアがクルマの機能を定義する。ソフトウエアは恒常的に進化し、アップデートがWiFiなどでクルマにダウンロードされる。この夏に予定されているアップデートで、自動運転機能が追加される。Teslaを情報通信機器と区分しても、それ程違和感はない。急速に進化するTeslaをレポートする。

Teslaは「自動車ではなくコンピュータ」を実感

出典: VentureClef
[画像のクリックで拡大表示]

 テストドライブして、Teslaは自動車ではなく“走るコンピューター”だと実感した(上の写真、試乗したTesla Model S 85D)。ユーザーインタフェースはタッチパネルで、クルマの機能をディスプレイで操作する。iPhoneでアイコンにタッチしてアプリを使うように、Teslaの操作は直観的で、クールな“アプリ”が揃っている。

 iPhoneにOSアップデートをダウンロードして機能アップするように、Teslaにソフトウエアをダウンロードして、自動運転機能をインストールする。クルマの設計思想がiPhoneから多大な影響を受けており、シリコンバレー文化を感じさせる製品仕立てとなっている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら