ベンチャー企業が人工知能の技法をアプリに取り入れている。経費精算アプリ「AppZen」は、領収書をカメラで撮影すると、内容を理解して費目を区分けし、経費精算レポートを作成する。同時に、システムは経費精算の間違いや不正を検出し、経理部にアラートを上げる。観光ガイドアプリ「Jetpac」は、Instagramに掲載されている写真を分析し、米国で一番幸せな場所を教えてくれる。これらアプリの背後では人工知能の最新技術が使われている。

簡単に経費精算できるアプリ

出典: VentureClef
[画像のクリックで拡大表示]

 AppZenはシリコンバレーに拠点を置くベンチャー企業で、人工知能を活用した経費精算システムを開発している。著名アクセラレーター「500 Startups」の製品発表会「Demo Day」で、AppZen CEO(最高経営責任者)のAnant Kaleが、製品概要とその背後で動いている人工知能について解説した。

 上の写真はイベント終了後の記念写真撮影の様子で、今期の開発者全員がステージ上に勢ぞろいしている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら