ユーザー企業のIT部門では、他部署の人にはどうしても理解できない不思議な出来事が起こる。その最たるものの一つが「マルチベンダーロックイン」という現象だ。しかも、この現象が怪奇なのは、IT部門が単一のITベンダーによる「ベンダーロックイン」を避けようとした結果、複数のITベンダーにロックインされる事態に至ったことだ。

 実は、マルチベンダーロックインは私の造語だ。大企業のIT部門では複数のシステムを管理しているが、保守運用の実務はITベンダーに外注しているケースが多い。システムごとに異なるITベンダーに発注しているから、いわゆるマルチベンダー体制だ。大概は、それぞれのシステムを開発したITベンダー、あるいは下請けベンダーの技術者がIT部門に常駐する形で、保守運用の実務を担っている。

 この体制は、私がこの「極言暴論」で何度も指摘してきた通り、システムのサイロ化、タコツボ化を生んだ。近年、多くのIT部門で人員削減が進んだこともあり、それぞれのシステムを担当するIT部員は1人なんてケースもざらにある(関連記事:大企業のIT部門も「ひとり情シス」状態、実はそれ以上にひどいぞ)。しかも、今どきのIT部員はプログラムを書いたことがない素人ばかりだから、ITベンダーの技術者に全面的に依存している。

 つまり各システムの保守運用は、担当するITベンダーの技術者に丸投げ状態。保守業務に伴うプログラミング作業はITベンダーの技術者がずっと担ってきたから、もはやシステムの中身、コードはこの技術者でないと分からない。下手をすると、システムを利用している事業部門の業務内容も、その企業の社員であるIT部門の担当者よりも詳しく把握している。つまり、ITベンダーの技術者がいなければ何もできないのだ。

 要は、丸投げ&属人化というIT部門として最低の状態に陥っているわけだ。当然、担当の技術者がいなくなると困るので、ITベンダーの変更は難しい。そして、この状態をベンダーロックインと呼ぶ。複数のシステムを複数のITベンダーに丸投げしているIT部門は当然、マルチ(複数の)ベンダーにそれぞれロックインされている。だからマルチベンダーロックインというわけだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら