この「極言暴論」では、ユーザー企業のIT部門とSIerが織り成す不条理に切り込んで、いろんなことを言ってきたが、IT業界に数多く存在する下請けITベンダーのことはほとんど触れていない。「もういい加減にしないさい!」と言いたくなるようなトホホな話をよく聞くが、そんなことを書いたところで、あまりにも非生産的だからだ。

 それよりも、IT部門やSIerの問題点に焦点を当てたほうがよい。システム開発などを丸投げするIT部門、そして人月商売を営々と続けるSIerの多くが良き存在に変わるか、消滅すれば、IT業界の多重下請け構造、私が言うところの“ SIガラパゴス”も解体する。しかも私の見立てでは、そうしたIT業界のガラガラポンはあと数年で起こる(関連記事:「SIerの余命は5年」への反論に反論する

 そうなると、SIガラパゴスの中でしか生息できない“日本固有種”の下請けベンダーは一気に死滅する。これで多重下請けの問題はあらかた片付く。絶滅を止める必要性も感じないので、下請けベンダーについては基本、放置でよいと考えている。ただ、そこで働く技術者の人が、プログラマーならぬ“コーダー”の地位に留め置かれたまま、絶滅に巻き込まれると大変なので、一刻も早い脱出を勧めてきた。

 本当は、IT業界の多重下請け構造の解体前夜である今は、下請けベンダーにとって危機であるだけでなく、これまでなら有り得なかった企業変革・成長の千載一遇のチャンスでもあるのだ。そんなチャンスをつかむどころか気付きもせず、SIerから流れ出す下請け、孫請け、ひ孫請けの人月商売にしがみつく。そんな志も見識も無い下請けベンダーは消え去ったほうが、日本のためである。

 かくのごとく私は下請けベンダーには冷ややかだったのだが、最近少し考えを変えた。「やはりこんな商売を続けていてはダメだ。ビジネスを変えよう」と本気で考える下請けベンダーの経営者に出会うようになってきたからである。そんな経営者に対して、私が必ず話すことがある。「小なりといえどもプライムを取れ!」である。今回はその話を書くことにする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら