ある大手金融機関のCIO(最高情報責任者)は、役員室でドローンを飛行させた。Google Glassが発表されたとき、若手技術者にウエアラブル端末の研究を命じた大手小売りのCIOもいた。まだ海の物とも山の物ともつかない技術に飛び付くのは、ビジネスでの活用の可能性を今のうちから探っておきたいからだ。ちなみに、この2人のCIOはIT部門の出身者ではない。

 このところ、CIOは誰が相応しいかをずっと考えていた。もし企業が構造改革に取り組むためにITを活用しようとしているなら、経営企画担当や財務担当の役員がCIOを兼務、もしEC(電子商取引)などITを活用した事業を推進するなら、営業担当役員がCIOを兼務するのがよい。いずれの場合も、システム部長はCIOを補佐するのが分相応だ。

 これが最近の私のCIO論。ITは何かのための武器にすぎないわけだから、使う側の親玉であるリストラ隊長や切り込み隊長がCIOに相応しい。今どきIT無しに構造改革や新規事業の立ち上げなんぞはできないのだから、その道のプロがITを存分に活用して辣腕を振るうべきである。一方、武器の管理者にすぎない人はその補佐役に徹するべきであり、役員である必然性は無い。

 仮に役員にする必要性があるとしたら、よくネットベンチャーのIT部門の長が名乗るCTO(最高技術責任者)あたりが相応しい。ただCTOであっても、CIOの補佐役であることには変わりない。なにせIT部門の人たちは、システムを作ったり運用したりする経験は豊富でも、ビジネスの現場でシステムを活用した経験の無い人ばかりだ。企業の情報戦略の統括者の役割は無理である。

 やはりシステム部長やIT部員は、ITという武器の管理人に徹するべきである。そして優秀な武器の管理人がしっかり補佐しないと、CIOはビジネスの最前線あるいは修羅場で指揮を執ることができない。だからCIOになれないからと言って、IT部員は悲観する必要は無い。ビジネスの様々な局面でIT活用が必須になっている今、CIO補佐として能力を生かす機会はいくらでもある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら