様々なユーザー企業のシステム部長らが集まる勉強会や飲み会。さすがに自社の経営批判をするようなアホな人はいないが、「IT部門は経営から軽く見られている」との共通の思いからか、皆がよく口にする2パターンの話がある。

 その一つは、システムの内製の重要性を叫ぶパターン。長年にわたるIT部門の規模縮小、あるいはIT企業へのフルアウトソーシングに直面し、「システムを作る力が失われてしまえば、米国企業などとのグローバル競争に勝てないのに」と悲憤慷慨するもの。これを内製原理主義と呼ぶが、酒飲み話としては相当盛り上がるらしい。

 もう一つのパターンは、最近のビジネスのデジタル化、IT化のトレンドを捉え、「これからはITの分かる人材を積極的に経営幹部に登用すべきだ。場合によってはIT部門から社長になる人が出てもよいぐらいだ」というもの。言うならば一種のIT経営論だが、通販業界などでは実際にIT部門出身者が社長になったケースもある。だから、この話もかなり盛り上がる。

 結局のところ、どちらのパターンの話も「ITやIT部門の重要性を経営に理解してもらいたい」という“切ない思い”なのである。だが、それは酒の席などでのうたかたの夢。最近、ITを重視する経営トップが増えてきているが、彼らがIT部門も重視するかというと甚だ疑問だ。システム部長やIT担当者は仲間内で気炎を上げているよりも、現実を直視したほうがよい。

 IT部門がシステムの内製力を失ったのは、ある意味、歴史的必然だ(関連記事:「システム内製こそ正義」のたわ言)。この件は何度も「極言暴論」などで書いてきた。今回は「IT部門から社長になる人が出てもよい」に関する話を書く。これは噴飯モノ。IT担当者は今後、IT部門でどんなに頑張ってもCIO(最高情報責任者)にはなれない。これもまた歴史的必然である。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら