中島化学産業(本社:名古屋市)は愛知県半田市で1892年(明治25年)に創業し、同県を中心に顧客層を広げてきた老舗の専門商社である。石化原料を主体にした工業製品、医薬部外品・化粧品、および電子素材用樹脂といった化成品を、企業・自治体向けに販売している(写真1)。

写真1●中島化学産業の本社外観
[画像のクリックで拡大表示]

 化成品業界では、幅広い業種の顧客に対しておびただしい種類の商材が開発されており、中島化学産業の取扱品目数も5万点を超える。また最近は、高品質・短納期など顧客固有の要望に基づく特殊仕様品が増えており、多品種化に拍車がかかっている。

 中島化学産業は、このように多種多様な商材が求められる市場の動向を常に先取りして商材を提供できるように、1994年に名古屋市、2008年長野市で、それぞれ製造部門を設立するなどで、顧客ニーズへ積極的に応えてきた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら