前回の記事『Twitterはどこから来て、どこへ向かうのか 【前編】歴史と思想、4人の創業者たちのドラマ』はお読みいただけたでしょうか?

 Twitterの設計には4人の共同創業者が携わっており、それぞれが異なる考え方を持っていたがために、ときには協力し、ときには対立し、ときには手を組み、ときには失脚させるといった泥仕合が行われる中、Twitter自体はビズ・ストーンの人間の善を信じる思想のもとでユーザーライクに構築されていったことがわかります。

 前編は主に歴史を振り返る内容でしたが、後編となる今回は、『幾人ものCEO交代や創業者の退社を経たTwitterと、新たなスタートアップで活躍するTwitter創業者の未来について』と題して、その歴史を経てTwitterが今どこへ向かっているのか、Twitterを創り上げた共同創業者たちはこれから何をしようとしているのかについてをまとめてみました。

 歴史やその思想を知ったうえでお読みいただくと、なおのこと面白く読めると思いますので、前編から通してお読みいただくことをオススメします。

 ■目次

    1. 現在のCEO、ディック・コストロの人物像とは
    2. Twitterの現状とこれから
    3. 共同創業者の現在とこれから
    4. おまけ:Twitter小咄

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら