2015年9月1日、動画配信の世界最大手、米ネットフリックスがアジアで初めて日本でサービスを開始した。同社は、これまでに世界50カ国以上、6500万人の会員を集めており、特に北米ではインターネット人口の半数近く(46.4%)が会員となっている巨大サービス。今後も、その成長は止まらないと予測されており、2019年には、会員数は9600万人を超えるのではないかと言われている。また、現在の会員の満足度も非常に高く、米RBC Capital Marketsの調査では、70%以上の会員が「当面(今後3カ月)は退会するつもりは無い」と回答している。

 ネットフリックスのサービスを契約している理由を、米Cowen and Companyが調査したところによると、最も多かったのが「オンデマンド配信サービスの利便性(83%)」というもの。続いて「値段が手頃(67%)」「膨大なコンテンツラインアップ(64%)」そして「端末を選ばずに視聴できる(50%)」と続いている。つまり「お手頃な価格で、膨大な種類と数のコンテンツから、観たい時に観たいものを、観たい端末で観ることができる」といったところが、ネットフリックスの強みとして消費者に認知されている、といえるだろう。

 この強みのベースになっているのが、一人ひとりの会員に対してパーソナライズする「リコメンデーション機能」。このリコメンデーションのベースとなるデータは、単純に会員の属性や趣味嗜好だけではない。例えば、視聴した時間帯や用いたデバイスはもちろんのこと、視聴中に一時停止、巻き戻し、早送り等の操作を行った部分。そして視聴を止めてしまった部分など、視聴行動に関するあらゆるデータがリコメンデーションのための分析対象となっている。

 リコメンデーション機能は、導入に当たって、その精度が非常に問われてくる。リコメンデーションが充実すればするほど、視聴者は、(自分たちにとって)面白そうな作品を見つけやすくなるが、中途半端な精度のリコメンデーションは、むしろ利用者の利便性を損ない、その満足度を下げてしまうことにつながってしまう。そのためネットフリックスは、利用者の視聴行動に関するデータを、少しでも多く集めることで、リコメンデーション精度の向上に役立てている。まさにビッグデータをビジネスに役立てている企業だと言えるだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら