Amazon Web Services(AWS)が機械学習のサービスで攻勢を掛けている。2017年11月27日から12月1日にかけて開催した年次カンファレンス「re:Invent 2017」で、五つの新サービスを一挙に投入した。

 プログラムの対話型実行環境Jupyter Notebookを備え、機械学習モデルの組み上げ、学習、配置、実行までを一貫して行える「Amazon SageMaker」、文章からキーフレーズを抽出したり登場する言葉を分類したりする「Amazon Comprehend」、文章を翻訳する「Amazon Translate」、テープ起こしの「Amazon Transcribe」、動画に写っているものや内容を認識する「Amazon Rekognition Video」だ。

 最初のSageMakerはApache MXNetなどの機械学習フレームワークを導入して使う汎用的な機械学習モデルの開発実行環境で、残りの四つは特定の機能に特化した学習済みAI(人工知能)サービスである。

[画像のクリックで拡大表示]
表●AWSの機械学習サービス(青地が新サービス)

 従来のAWSの機械学習サービスは、仮想マシンやコンテナに機械学習フレームワークを導入する利用方法を除けば、分類・予測の機械学習モデルを提供する「Amazon Machine Learning(ML)」、テキスト読み上げの「Amazon Polly」、画像認識の「Amazon Rekognition」、音声をテキスト変換したり意図を認識したりする「Amazon Lex」の4サービスだった。

 しかも最後のLexは、自然な言葉で会話するチャットボットの開発で中核となるサービスだが、米国英語にしか対応しておらず日本語は使えない。そのため日本のユーザー企業にとって、AWSの機械学習サービスは実質的に三つ。AWSは競合クラウドベンダーに水をあけられていた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら