日本IBMは2017年3月までに、IoT(インターネット・オブ・シングズ)向け無線通信規格の一つである「LoRaWAN(ローラワン)」関連サービスを始める。製造業やインフラ関連企業向けに、従来の通信技術ではカバーしにくい設備・機器をつなぐシステムの提供を目指す。

写真1●米セムテックのLoRaWAN用通信チップ
(出所:セムテック・ジャパン)

 LoRaWANは米IBMと半導体メーカーの米セムテックが共同開発した規格である。IBMは主に通信管理サーバーのソフトウエア、セムテックは通信チップを担当している。IBMは既に米欧ではLoRaWAN技術を軸にしたシステム販売中。2016年秋になって日本におけるLoRaWAN用周波数の割り当てが固まったことから、国内での展開を本格化する。

 日本IBMは国内での事業展開に当たって、2016年12月までに7社と協業体制を整えた。セムテック・ジャパンに加え、ネットワーク構築については菱電商事や沖電気工業と協業。IoT機器分野では東京エレクトロンデバイスや、消費者向けデジタル機器メーカーのグリーンハウス(東京・渋谷)、機器ベンチャーのBraveridge(福岡市)と組む。水道・ガスメーター大手のアズビル金門(東京・豊島)とは実地での適用で協業する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら