インフォテリアと、ブロックチェーン技術開発のテックビューロが事業提携する。インフォテリアのデータ連携ソフト「ASTERIA WARP」とテックビューロのブロックチェーンソフトを連携させる実証実験を2016年1月から開始、同年4月の販売を目指す。

 テックビューロは、ビットコイン取引所「Zaif Exchange」を運営するほか、ビットコインの基幹技術であるブロックチェーンを社内システム上で運用できるプライベートブロックチェーンソフト「mijin」を開発している。インフォテリアとテックビューロはいずれも日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)の出資を受けている。

 テックビューロは、mijinとASTERIA WARPを連携させるアダプタを開発し、ASTERIA WARPを通じてmijinと業務システムとを接続できるようする。社内データベースやAmazon Web Services、Microsoft Azureといったクラウド上のデータベースと、ブロックチェーンとの間でデータを交換しやすくなる。これにより、決済をはじめとする金融業務のシステムを、安価に構築・運用できるようになる。「mijin自体はRESTful APIでアクセスできるが、業務システムとの接続では、業務用で実績のあるASTERIA WARPの方が扱いやすいと考えた」(テックビューロの朝山貴生社長)。

 両社は、2016年2月からブロックチェーン技術の採用・導入に向けたセミナーを共同開催。2016年中に、mijinの1000ダウンロードを目指す。テックビューロは、mijinの用途として電子マネーの運営、為替取引、決済、POS(販売時点管理)データの記録を挙げている。インフォテリアはこの事業提携を機に、金融機関への提案力を高め、2020年度までに金融機関へのASTERIA導入件数を倍増させたい考えだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら