写真●JR東日本山手線大崎駅で試運転中の新型電車「E235系」
[画像のクリックで拡大表示]

 東日本旅客鉄道(JR東日本)が2015年11月30日に山手線で営業運転を開始した新型電車「E235系」(写真)で同日、車両トラブルが相次いだ。翌12月1日からE235系を営業運転から外し、点検している。

 同社広報部は日経コンピュータの取材に対し「E235系で初めて搭載した次世代車両制御システム『INTEROS(インテロス)』のソフトウエア不具合がトラブルの原因とみられるが、完全な解明には至っていない。営業運転再開の見通しは全く立たない」と説明した。

 INTEROSは、気温や加重(乗車率)、モーターの状態など様々なデータをセンサーで取得して車両内ネットワークで収集・分析し、ブレーキや空調制御などに反映させる機能を持つ。JR東日本によれば、11月30日に山手線の大崎駅と目黒駅、大塚駅でそれぞれトラブルがあった。いずれもINTEROSの不具合(バグ)が原因である可能性が高いとみている。

 このうち、大崎駅でE235系のドアと駅に設置したホームドアが開かなくなったトラブルは、INTEROSが原因だったと断定した。INTEROSでは「電車が所定位置に止まり、かつ、ブレーキが確実にかかっている」という条件を満たした時に、車掌がドアを開く操作をするとドアが開くようになっている。大崎駅ではINTEROSのブレーキ制御ソフトの不備のため、「ブレーキが確実にかかっていない」と判定され、ドアが開かなくなった。今後ソフトを修正するという。

 目黒駅では、所定位置から0.5メートルオーバーランするトラブルが起きた。山手線では従来車両の「E231系」も含め、全列車にホームドアに合わせた位置で自動停止する仕組みを導入している。新型車両では「自動停止のためのブレーキ制御ソフトに不具合があり、誤動作した可能性がある」(広報部)。大塚駅で所定位置の1.5メートル手前で停止したトラブルも、同様にソフトの不具合が疑われるという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら