「ERP(統合基幹業務システム)やCRM(顧客関係管理)といった分類は、ITベンダーの都合で分けた区分。それをなくしたのが、新製品の最大の特徴だ」。米マイクロソフトの新しい業務アプリケーション製品「Dynamics 365」について、米マイクロソフトでクラウド&エンタープライズ マーケティング担当のコーポレートバイスプレジデントを努める沼本健氏はこう説明する(写真1)。

写真1●米マイクロソフトでクラウド&エンタープライズ マーケティング担当のコーポレートバイスプレジデントを努める沼本健氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Dynamics 365は、同社が開発・販売していたERPとCRMを統合したうえで、「顧客から見た場合の業務プロセスごとにまとめて機能を提供する」(沼本氏)業務アプリケーションだ。同社のERPパッケージ「Dynamics AX」と、CRMソフト「Dynamics CRM」の後継製品となるが、「単にライセンスを統合して提供するのではなく、データモデルやUI(ユーザーインタフェース)の共通化などを実施したうえで、新たな製品という位置づけで開発している」(同)という。2016年11月1日からクラウドサービスとして提供を始めた。

 Dynamics 365では、「営業支援」「顧客サービス」「オペレーション」「フィールドサービスの自動化」「マーケティング」「カスタマーインサイト」といった業務プロセスがサービスの提供単位となっている。営業支援の場合、営業の業務プロセスであるリードの獲得、見積もりの発行、受注、納品、請求などに必要な機能とデータモデルをセットにしている。

 これらは、これまでCRMで提供していた顧客情報の契約管理機能や、ERPで実行していた受注処理機能などを組み合わせたものだ。CRMで管理していたリードと、ERPの発注データなどを関連付けるなど、データモデルも新たに定義した。「Dynamics 365だけでなくOffice 365や、パートナーが提供するDynamics 365向けのサービスでも共通のデータモデルを利用できると沼本氏は説明する(写真2)。

写真2●Dynamics 365のデータモデルの概要
[画像のクリックで拡大表示]

AIを使ったデータ分析を組み込んで提供

 Dynamics 365のもう一つの大きな特徴は「AI(人工知能)を様々な機能に組み込んでいること」(沼本氏)だ。米マイクロソフトの機械学習を利用したビッグデータ解析クラウドサービス群「Cortana Intelligence」の機能を、Dynamics 365が提供する業務処理機能で利用可能にした。「これまではDynamics AXのリードのスコア付け機能にのみAIを利用していたが、Dynamics 365では既に10種類以上の機能でAIを活用できるようになっている」と沼本氏は話す。

 アップセルやクロスセルといった販売促進、需要予測、キャッシュフローの予測、在庫予測といった機能のほか、意図や感情の分析といった機能でもAIを利用する。沼本氏は「Dynamics 365の利用者が、より良い意思決定を行うために、これからもAIを活用していく」と説明する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら