京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は2016年11月9日、IoT向け通信サービス「SIGFOX」を2017年2月に開始すると発表した。フランスのSIGFOXが世界24カ国で展開中の同名サービスをKCCSが日本で展開する。

 省電力で広域をカバーするIoT向け通信はLPWA(Low Power Wide Area Network)と呼ばれる。SIGFOXもLPWAの一種だ。

 KCCSは、通信事業者としてネットワークの提供に専念する。ユーザー企業への販売は、KCCSと協業する約40社(11月14日時点)の「SIGFOXエコシステムパートナー」が請け負う。ユーザー企業には、SIGFOXエコシステムパートナーが製品やシステム構築込みのサービスとして提供する。2020年度までに累計接続デバイス数1500万台、年間売上高100億円を目指す。

仕様を割り切って低コストを実現

 SIGFOXの特徴は低料金、省電力、長距離伝送の3点だ。

 料金(KCCSからパートナーへの卸値)は、1日当たり2回のデータを送信する品目を、100万以上のIoTデバイスで利用する場合で年額100円から()。通信速度を100bpsと一般的な通信サービスより相当低く抑えることなどで、低価格を実現している。

図 KCCSが2017年2月に開始するSIGFOXのサービス概要
年額100円から使えるIoT特化の通信サービス
[画像のクリックで拡大表示]

 低消費電力は、1回当たり12バイトと極めて少量のデータを、1日に2〜140回の規定回数だけアップロードするという割り切った仕様で実現。ボタン電池で5年運用可能を目標とする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら