IT業界はどれほど“ブラック”なのか――。電通の残業問題をきっかけに、企業の長時間残業への眼が厳しさを増している。日経コンピュータはIT各社に時間外労働時間について2016年11月にアンケートを実施。長時間労働が常態化しているとされるIT業界の実態に切り込んだ。

業界全体は増加傾向も、大手は減少

 「IT業界は“ブラック”と言われ、プロジェクトの納期に合わせた繁忙期があり、一般的に時間外労働が多い業界と認識されている」(富士ソフト)。実際の時間外労働時間はどうなっているのか。

 情報サービス産業協会(JISA)が会員のIT企業を対象に毎年実施する「JISA基本統計調査」によると、毎月の平均時間外労働時間は2012年度から2014年度まで24時間超でほぼ横ばいだった。

 一方、IT大手の時間外労働時間は減少傾向にある。

IT大手各社の毎月の時間外労働時間
[画像のクリックで拡大表示]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2011年度に24.98時間だったが、2015年度には約11時間減の12.95時間まで減らしている。効果が大きかったのが、2014年7月に本格導入した朝型勤務の奨励施策という。

 朝9時から夕方5時30分までの勤務を基本としたうえで、夜型から朝型の勤務へと改めた結果、「前年の同時期と比較して、毎月の全社平均の時間外労働時間を約10時間削減することができた」(CTC)という。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら