IoT(Internet of Things)の世界的な推進団体の一つであるOpenFogコンソーシアムは2016年11月下旬にも「フォグコンピューティング」の定義や、参照アーキテクチャーを記した文書を公表する見込みだ。OpenFogコンソーシアムの日本地区委員会のディレクターを務める日立製作所ICT事業統括本部 執行役員 Senior Technology Evangeristの安田誠氏は、「日本からユースケースを提供するなどの貢献を目指している」と話す(写真1)。

写真1●OpenFogコンソーシアムの日本地区委員会のディレクターの安田誠氏
[画像のクリックで拡大表示]

 OpenFogコンソーシアムは2015年11月に、米シスコシステムズ、英ARM、米デル、米インテル、米マイクロソフト、米プリンストン大学が設立した。フォグコンピューティングは、デバイスで発生した大量のデータをクラウドに送る前に、集約などの処理を実施することを実現するアーキテクチャーだ。クラウドより下に位置する場所で処理を実施することから「フォグ(霧)」という名称になった。OpenFogコンソーシアムは、フォグコンピューティングの普及・推進を目指している。

 IoTを実現するためのアーキテクチャには、フォグコンピューティングと同様にデータをデバイス側で処理するエッジコンピューティングがあるが、「エッジとフォグの考え方は似ているが、まったく同じではない」(安田氏)という。これまでフォグコンピューティングは明確な定義はなかったため、11月下旬に公表する文書で明確に定義する。

 11月末に提供を予定している文書は、OpenFogコンソーシアムの活動の具体的な成果物の第一弾となる。フォグコンピューティングの定義のほか、プロトコルやデータフォーマット、セキュリティといったフォグコンピューティングの実現に必要な技術的要素の整理、参照アーキテクチャーの提示といった内容を予定している。「全部で150ページ程度の文書になる見込みだ」(安田氏)。

 文書の位置づけについて安田氏は、「標準を作ってそれを広げることを狙っているわけではない」と説明する。IoTで発生したデータの処理は大きく分けて、OpenFogコンソーシアムが推進するデバイスに近い側での処理と、データをインターネット経由で送信するクラウドコンピューティング側での処理が想定されている。OpenFogコンソーシアムが目指すのは、「フォグとクラウドを切り分けたうえで、どのようなフォグやクラウドでも相互に接続できること」(安田氏)という。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら