データセンター向けのハードウエアやソフトウエアを手掛ける大手ベンダー6社が、データセンター内にある多数のハードウエアの属性情報を収集するための業界標準作りに乗り出した。

 米インテル、米エマーソンエレクトリック、米デル、米ヒューレット・パッカード(HP)、米ブロードコム、米マイクロソフトの6社が2014年10月7日に「Scalable Platforms Management Forum」(以下、SPMF)を設立。それから1カ月も経たない同月30日にドラフト仕様を公開し、業界からのフィードバックを受け付け始めた。

 SPMFの狙いは、リモートでサーバーの構成や稼働状況を取得したり電源のオン/オフを行ったりするための業界標準のインタフェース「IPMI」(Intelligent Platform Management Interface)を作り変えることにある。

 「多くのITベンダーが、ソフトウエアでインフラの構成を定義する『SDI』(Software Defined Infrastructure)構想の実現に向けた動きを進めている。そのSDI構想に欠かせないのが、これまで取れなかったハードウエア情報も取得できる業界標準のインタフェースだった」。インテル ビジネス・デベロップメント データセンター事業開発部 シニア・スペシャリストの田口栄治氏は、SPMF設立の背景をこう解説する。

 IPMIは、プロセッサとストレージ、ネットワークインタフェースを備える従来型のサーバー群を管理するためのインタフェースだった。最近はHPの「HP Moonshot System」(関連記事:ARMもAtomもXeonも、日本HPが高密度サーバー「Moonshot」向けカートリッジを拡充)やデルの「PowerEdge FX」(関連記事:構成を柔軟に選択できる新型サーバー「PowerEdge FX」をデルが発表)といった、任意のカートリッジを選んで専用のシャーシに搭載できるサーバーが登場している(図1)。

図1●HPの「Moonshot System」のシャーシ(a)とデルの「PowerEdge FX」のシャーシ(b)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら