2016年9月10日、オランダのINGグループ傘下ING銀行がルーマニア・ブカレストに設置していたデータセンターで、極めてまれな障害が発生した。ガス消火設備の定期試験で発生したガス噴射音のため、サーバーとストレージに障害が発生。この結果、ルーマニア国内でのカード取引、ATM取引、インターネットバンキング、Webサイトなどが影響を受け、約10時間にわたって多くの取引が処理できなくなった。

 今回の障害の原因と目されるのが、消火ガスの噴射で発生する「騒音」だ。ルーマニアのデータセンターに何が起きたのか。日本のデータセンターでも発生し得る事象なのか。専門家の解説を基に読み解く。

飛行機のエンジン並の大音量

 ING銀行のブカレストのデータセンターは9月10日午後1時(現地時間)、データセンター内の火災発生に備え、ガス消火設備の定期試験を実施した。ガス消火設備とは、化学反応を起こしにくい不活性ガスをフロア内に充満させ、燃焼反応を抑制して消火する設備のことだ。

 定期試験では実際にガス管が通気しているかを調べるため、ノズルから短い時間だけガスを噴射したと見られる。これがシステム障害の引き金となったようだ。

 ING銀行は、ガス噴射が障害につながった理由の詳細を明らかにしていない。米技術系ニュースサイトのMotherboardが報じたING銀行関係者の証言によれば、不活性ガスの噴射で130デシベルの音が発生し、数十台のHDDを破損させたという。130デシベルは飛行機のエンジン音を間近で聞いた場合の音に相当し、人間の聴覚に異常をきたすレベルである。

データセンターのガス消火設備は日欧で普及

 ガス消火設備は、水や泡を使わず、不活性ガスをフロアに充満させることで燃焼反応を抑制し、火を消し止める設備である。精密機器は水や泡がかかると故障の原因になるため、1960年代から電話交換機が置かれた局舎や電算機室で使われ始めた。

写真●ガス消火設備のノズル
(出所:能美防災)
[画像のクリックで拡大表示]
写真●ガス消火設備のガスボンベ
(出所:能美防災)
[画像のクリックで拡大表示]

 当初は不活性ガスとして、二酸化炭素(CO2)が使われていた。二酸化炭素を大量に放出し、部屋中の酸素濃度を10%近くに半減させることで、燃焼反応を抑制し、火を消し止める。

 ただ高濃度の二酸化炭素には人体への毒性があるため、1970年頃にはハロンガス(ハロン1301)に切り替わった。同ガスは燃焼反応を抑える触媒作用があり、少量でも消火できる。

 ところが、ハロン1301はオゾン層破壊物質に指定され、1994年に生産が禁止された。1990年代後半以降は、不活性ガスに窒素ガス、あるいは窒素やアルゴンを主成分とする「イナージェンガス」が使われるようになり、今に至っている。ING銀行が使っていたのもこのタイプである。

 窒素系ガスはハロン1301と比べて数倍の噴射量が必要となる。そのため短時間で大量に噴射しなければならず、その分ノズルから発生する音も大きくなった。

 ちなみに、ガス消火設備が主に日本と欧州で普及した一方、米国では消防設備の規格の違いから、水あるいは霧を使った消火設備が今も主流である。ガス消火設備はようやく普及が始まった段階という。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら