NTT東日本とNTT西日本は2017年10月17日、固定電話のIP網移行のスケジュールを公表した。2024年1月からIP網への切り替えを開始し、2025年1月に完了する。

 固定電話をIP網に移行するのは、従来の固定電話網(PSTN)を構成する中継交換機と信号交換機が2025年ごろに維持限界を迎えるからだ。

IP網移行スケジュール
出所:NTT東日本/NTT西日本
[画像のクリックで拡大表示]

 2024年1月から固定電話発信の通話をIP網経由に順次切り替えていく。2025年1月には切り替えを完了する。維持限界を迎える1年前から切り替えを始めるのは、作業に時間がかかるからだ。「2025年1月までには切り替えを絶対に終わらせなければならない。だが、NTT東西合わせて全国に1000台くらいの加入者交換機がある。このため余裕を持って1年前から切り替えを開始する」(NTT東日本の飯塚智 経営企画部 営業企画部門長)。

PSTNからIP網への移行
出所:NTT東日本/NTT西日本
[画像のクリックで拡大表示]

 IP網への移行後もユーザーへの影響を極力抑えるため、固定電話機をそのまま使えるようにする。メタル回線はそのまま残す。メタル回線を収容する加入者交換機も「メタル収容装置」として使い続け、上位の回線を固定電話網の中継交換機からIP電話網の中継ルーターへとつなぎ替える。メタル収容装置と中継ルーターの間には、固定電話の信号をIPパケットに変換する「変換装置」を置く。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら