「当店は完全キャッシュレスのため、お支払いはクレジットカードか電子マネーでお願いしています。それでもよろしいでしょうか」。入店すると店員がこう話しかけてくる飲食店が開業した。ロイヤルホールディングス(HD)が2017年11月6日に東京・日本橋馬喰町にオープンしたキャッシュレスでセルフオーダー型の実験店舗「GATHERING TABLE PANTRY」だ。

「GATHERING TABLE PANTRY」ではiPadでメニューを見て注文する
[画像のクリックで拡大表示]

40分のレジ締めが10秒に

 接客や店舗運営、従業員教育に加え、売り上げや現金の管理、食材の発注、本部からの問い合わせ対応など、店長には多大な負荷がかかっている。いかに負荷を軽減して、本来の業務に集中してもらうか。「生産労働人口が減少して人材確保が難しくなる未来を見据え、ロイヤルホストなどの既存店ではできないことを試す場としてR&D(研究開発)店舗を設置した」とロイヤルHDの野々村彰人常務は話す。

ロイヤルホールディングスの野々村彰人常務。「店長の負荷を軽減できる店をつくりたい」
[画像のクリックで拡大表示]

 新店舗で目指したのは、特に負担となっている「レジ締め」を無くすこと。営業終了後に現金を数え、クレジットカードや電子マネーの支払金額の合計を確認し、POS(販売時点情報管理)システムが集計した1日の売り上げと照合する作業だ。ロイヤルHDの通常の店舗ではレジ締めに平均40分かかっているという。金額が合わなければ再集計などで数時間かかることもある。差が出た場合は本部への届け出も必要だ。現金回収や営業開始前の釣り銭の配備などの手間もかかる。現金の取り扱いをやめてキャッシュレスにすれば、こうした負担をほぼゼロにできる。

 実験店舗ではキャッシュレスの決済システムに「楽天ペイ」を採用。楽天ペイの合計決済金額を出力し、店舗のPOSシステムの売り上げと照合するだけでレジ締め作業が完了する。「10秒くらいで終わってしまう」(ロイヤルHD企画開発部の泉詩朗氏)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら