Windows Updateを終えて、再起動しようとしても起動しない――。 米マイクロソフトが2017年10月10日(米国時間)に実施したWindowsの定期更新で、企業内で更新プログラムの配信を管理するシステム「Windows Server Update Services」(WSUS)を使って更新したWindows 10が起動不能になるトラブルが発生した。IT担当者はどう回避すれば良かったか。

 「パソコンが起動しない」。Twitterやマイクロソフトのユーザーフォーラムに悲鳴のような日本語の書き込みが目立つようになったのは、10月11日(米国時間の10月10日)。その日は、マイクロソフトの月例セキュリティ更新プログラムの配布日(米国時間の毎月第2火曜日)だった。

 マイクロソフトは2017年10月の月例更新で、WSUSおよびWSUS相当の機能を持つ「System Center Configuration Manager」(SCCM)向けの更新プログラムとして、本来同時に適用してはいけない2つのプログラムを配信してしまった。この2つのプログラムを同時に適用したWindows 10が起動不能となった。

2017年10月10日(米国時間)に発生したWindows Server Update Services(WSUS)の配信トラブル。WSUS向けに累積更新プログラムと差分更新プログラムが配信され、同時に適用するとパソコンは起動不能になってしまった。累積更新プログラムは複数月の更新ファイルを含む更新プログラム、差分更新プログラムは1カ月分の更新ファイルを集めた更新プログラムを指す
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は10月11日午前8時までに問題を解消し、トラブルを回避するためのWSUSの設定方法や起動できなくなったパソコンの復旧手段などを公開した。「この度は弊社更新プログラムの問題により、ご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます」。日本法人である日本マイクロソフトは10月12日、WSUSの公式ブログでこう謝罪した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら