2016年10月4~7日に幕張メッセで開催された展示会「CEATEC JAPAN 2016」は、かつての家電見本市から様変わりし、人工知能の活用事例の見本市という様相だった。

 今年のCEATECが掲げるテーマは、現実空間をデジタル化する「CPS(サイバー・フィジカル・システム)」や、あらゆるモノをネットワークにつなげる「IoT(インターネット・オブ・シングズ)」。CPSやIoTが生み出すデジタルデータを処理するため、自然言語処理やディープラーニング(多層のニューラルネットによる機械学習)などの人工知能技術が応用されている。代表的な展示をフォトレポート形式で見ていこう。

対話エンジンの活用が続々

シャープは2016年10月3日、モバイル型ロボット電話「RoBoHon(ロボホン)」の法人導入を本格的に始めると発表した。受付・接客、観光案内などに使えるアプリ群を提供する。CEATECでは「飲食店のテーブルにRoBoHonを置いて客からオーダーを取る」という想定の展示を披露した。
[画像のクリックで拡大表示]
RoBoHonに使われた対話エンジンの外販も本格化させる。RoBoHonに加え、スマホアプリなどでの利用を想定。シャープの対話エンジン技術の一部は、園芸の相談を受け付けるサカタのタネのスマホアプリ「サカタコンシェル」に採用されている。
[画像のクリックで拡大表示]
三菱東京UFJ銀行は、近日リリース予定という自動応答チャットシステム「バーチャルアシスタントChatサービス」を展示した。「投資信託について知りたい」「最近の経済動向のデータってある?」といった顧客の質問に、Webチャット形式で自動応答するもの。IBM WatsonのNLC(自然言語分類)機能をベースに顧客の質問を解釈・分類し、対応する回答を返す。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら