中堅中小企業を対象としたクラウド型ERP(統合基幹業務システム)の新規投入や機能強化が相次いでいる()。 富士通と富士通マーケティングは2016年9月30日、ERP製品「GLOVIA iZ(アイズ)」を発表した。年間売上高100億~1000億円の企業向けERP「GLOVIA smart」の後継製品で、10年ぶりの刷新となる。オンプレミス版に加えてSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)版を提供する。

表●クラウドERPに関する主な動き
AWS:アマゾン・ウェブ・サービス、IaaS:インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス、SaaS:ソフトウエア・アズ・ア・サービス
[画像のクリックで拡大表示]

 ミロク情報サービスは8月に、売上高100億円以下の企業向けのクラウドERP「MJSLINK NX-I for IaaS」を提供開始。クラウド会計ソフトのfreeeは6月に、中堅中小企業を対象にサービスを強化し、「クラウドERP」のコンセプトを実現していく方針を示した。

 調査会社の矢野経済研究所は8月に発表したERP市場動向に関する調査で、「システム導入のスピードや導入後の柔軟性、コスト効率等の面で、変化に対応しやすい」ことから、クラウドERPの利用は加速すると指摘している。中堅中小企業でもクラウドERPの導入機運が高まると各社はみている。

経営情報を横断的に

 「GLOVIA smartの投入から10年が経過し、ERPの開発・利用環境は大きく変わった。今後10年の利用に耐えられるよう製品を一新した」。富士通マーケティング 執行役員GLOVIA事業本部長の渡辺雅彦氏は、GLOVIAiZを投入した狙いをこう話す。

 GLOVIA iZは会計、人事給与、生産管理といった主要機能だけでなく、経営管理と販売管理を新規に開発して追加。技術基盤も一新し、クラウドやスマートフォン/タブレットといった最新のIT環境に対応しやすくした。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら