外食大手のダイヤモンドダイニングが、自前のインターネット予約サービスの強化に乗り出す。利用者が予約しやすいよう、同社の公式ネット予約サイトの機能を拡充。店舗向けのCMS(コンテンツ管理システム)も独自開発し、店舗担当者によるデータ入力の手間を抑えた。大手グルメ情報サイトがネット予約サービスを強化し外食企業の囲い込みに動く中、ダイヤモンドダイニングは自主路線重視の姿勢を打ち出す。外部への依存度を下げ、収益力を高める。

刷新したネット予約サービスのWebサイト
(出所:ダイヤモンドダイニング、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社の公式ネット予約サービス「DD予約オンライン」を、2016年9月26日付で刷新した。刷新に伴うシステム開発費用は5000万円前後(本誌推定)。

 従来は各店舗の空席情報しか参照できなかったが、新たにコース料理の種類や内容、写真、店舗の地図などを参照できるようにした。サイトに掲載する情報は順次拡充する。

 利用者はDD予約オンラインのWebサイト上で、その時点での空席情報を参照しながら予約できる。同サイトで予約すると、利用者には同社グループの店舗で支払いに充当できる会員向けポイント「DDマイル」を付与する。

土佐料理の業態「わらやき屋」
[画像のクリックで拡大表示]

 刷新に当たっては「多数の店舗ブランドの特徴を損なわないよう、予約サイトの使い勝手を高めることに気を配った」(ネット予約サービスを担当する松岡幸之介CRM企画部担当課長)。ダイヤモンドダイニング傘下の業態は70以上に上り、一つひとつ個性の強い店舗を運営している。まず40業態、110店舗のサイトで予約可能にして、対象の店舗を順次増やす。

 店舗の担当者は同社が独自開発したCMSを使い、PCなどのWebブラウザーからコースの情報や空席情報を入力する。入力画面は「自由記述する部分を極力減らし、メニューを選んで入力していけるようにした」(松岡課長)。

 ダイヤモンドダイニングは今後、新サイトを軸にしたデジタルマーケティング戦略を推進する。サイト利用履歴や来店履歴、会員向けポイントのDDマイルの利用履歴などのデータを蓄積、分析して、店舗やメニューの開発、顧客向けサービスの改善などに生かす。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら