米アップルは日本時間2014年9月19日に新型スマートフォン「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を発売した。iPhoneとしては初めて近距離無線通信の国際標準規格である「NFC」機能が付く。これを活用し、アップルは米国限定で10月から新しい決済サービス「Apple Pay」を始める。

 Apple Payの米国外での展開について、アップルからの公式発表はない。現時点では不明な点も多いが、関係者の話を総合すると、環境が整えば2015年以降に日本でも展開される可能性が高い。だが、日本の小売・サービス業における電子マネー決済端末の設置状況を考えると、Apple Payが使える店舗が増えるまでには時間がかかりそうだ。

米国ではマスターカードなどのNFC端末が普及

写真1●2014年9月10日未明(日本時間)の米アップルによる発表イベントで説明された決済サービス「Apple Pay」の利用シーン
[画像のクリックで拡大表示]

 Apple Payの店舗での利用イメージは、日本の「おサイフケータイ」に近い(写真1)。iPhoneを店舗の端末にかざすと決済できる。まずアップル直営258店舗で利用できるようにし、その後メーシーズやマクドナルドなど有力チェーンを含む22万店以上でも使えるようになる。

 米国でApple Payが22万店以上という規模でスタートできるのは、既にNFCに対応した非接触決済端末が行き渡っているからだ。アップルの提携相手である米マスターカード(MasterCard)が提供する非接触決済サービス「PayPass」や、米ビザ(Visa)の「payWave」用の端末をApple Payでも利用できる。

 マスターカードはアップルのパートナーとして、Apple Payの根幹となる技術とシステムを提供している。同社ジャパンオフィスの広瀬薫上席副社長は「既存のPayPass決済端末は、一部の古い機種を除けば、そのままApple Payに対応できる」と説明する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら