神奈川県庁は2014年6月に、全庁でタブレット端末を用いた業務改革を開始した。会議や打ち合わせといった内部調整業務の場面で、従来は紙媒体で実施していた業務を電子化する狙いだ。KDDIが構築した専用のネットワークを通じて、庁内で使用しているメール、グループウエア、ファイル共有のアプリなどを利用できる。9月末まで研修期間を設け、10月から本格的な活用を始める。

 神奈川県総務局組織人材部行政改革課業務改善グループの青木淳グループリーダーは「会議や打ち合わせなどでのムダな時間を省きたい」と話す。例えば、政策を議論する際の書類作成だ。「従来は課内、部内、局長と、議論のフェーズごとに紙媒体で資料を作成していた。文面を修正する際は、その都度所属部署に戻って修正して印刷。ちょっとした打ち合わせでも、時間がかかっていた」(青木氏)。そこで紙ではなく、タブレット端末上で修正してしまえば、こうした手間は省けるというわけだ。

写真1●アリエル・ネットワークの提供するグループウエア「アリエル・エンタープライズ」
[画像のクリックで拡大表示]

 神奈川県庁は、タブレット端末の導入に際して競争入札を実施。KDDIが、7931万9700円(税抜)で落札した。KDDIが選んだタブレットはiPad。神奈川県庁が、2年間借り受ける形での導入となった。落札金額にはiPad約1600台の2年間の賃貸料金、通信費用、専用ネットワークの構築費用が含まれている。

 今のところ、2年後にiPadをすべて返却する予定だ。「2年前には、タブレットは普及していなかった。こうした変化を考慮した。2年後もタブレットが業務において有用かどうかは、利用している過程で検討していきたい」(青木氏)。

 同庁は2010年から、アリエル・ネットワークの提供する「アリエル・エンタープライズ」をグループウエアとして使用している(写真1)。iPadでグループウエアを閲覧する際にも、アリエルの提供するセキュアブラウザ「アリエル・エアプロテクション」を利用することにした。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら