2016年9月17日から一般公開が始まる「東京ゲームショウ2016」。VR(仮想現実)と並んで注目を集めているのが「ライブストリーミング」だ。プレーの様子をインターネットで生中継する同サービスの世界最大手、米Twitch(ツイッチ)が今回、初めて出展した。共同創業者のケビン・リンCOO(最高執行責任者)は、ゲームのプレーをスポーツとして競う「eスポーツ」を追い風に、利用者拡大を図る考えだ。

「良質なコミュニティがTwitchの強み」と語るリンCOO
(写真:陶山 勉)
[画像のクリックで拡大表示]

 「娯楽のメインストリーム」。リンCOOはeスポーツの現状をこう表現する。世界最大のeスポーツ大会になると、ネットで視聴した人数は3000万人。これは米プロバスケットボールリーグ「NBA」の決勝戦を上回る規模だという。

 ここ10数年来、拡大を続けてきたeスポーツの潮流だが、「コンテンツの制作や配信など、企業の努力によって急速に広がってきた」(同)。

 象徴的な動きが、eスポーツのプレーヤーの存在感が高まっていること。日本人初のプロ格闘ゲーマーとして知られる梅原大吾氏だ。2016年3月に行われた、格闘ゲーム「ストリートファイター III」の試合のライブストリーミングで538万件を超えるの視聴数を獲得したことなどで、「ギネスワールドレコーズ」を新たに二つ獲得。自身の記録を三つに伸ばした。「これまでeスポーツのプレーヤーはほとんどが兼業だったが、今ではプロとして生計を立てるプレーヤーが増えている。この潮流は国を問わず世界で起こるだろう」(リンCOO)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら