AI(人工知能)を、IT部門の業務の効率化につなげる動きが出てきた。製薬会社のノボ ノルディスク ファーマは2017年7月、ITの使い方など社員からの問い合わせにAIを使って応対する社内システム「AI Gethelp(エーアイ ゲットヘルプ)」を稼働させた。

ノボ ノルディスク ファーマが2017年7月に稼働させた社内システム「AI Gethelp(エーアイ ゲットヘルプ)」の画面。AIで社員からのIT関連の問い合わせに答える
(出所:ノボ ノルディスク ファーマ)
[画像のクリックで拡大表示]

 AI Gethelpは1000人の社員向けに公開している。サイトには質問を入力したり回答を表示させたりする画面があり、「iPhone」「経費精算」「IT関連の申請」といった、社内で利用するITに関するジャンルがあらかじめ用意されている。

 問い合わせをする社員は「iPhone」といったジャンルを選んだうえで、「テザリングができない」などと質問を入力。するとAI Gethelpに組み込まれたAIが質問の意味を認識し、「テザリングはWi-Fiによるものか、USB接続によるものか」といった質問内容を詳しく確認する選択肢や、回答を示す。

 ノボ ノルディスクの渋谷正吉IT部ITオペレーションズ グループ グループ マネジャーは「質問に対して的確な回答を表示する割合である“正答率”は90%を超えている」と成果を語る。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら