スマートフォン向けのフリーマーケット(フリマ)アプリに再編の波が押し寄せている。楽天は2016年9月5日、「FRIL(フリル)」を運営するFablicを買収し、完全子会社にしたと正式発表した。楽天は「CtoC」と呼ぶ消費者間取引に注力する方針を表明済み。自前のフリマアプリ「ラクマ」とフリルとの相互送客やポイント連携によって、同事業を伸ばす考えだ。一方のFablicは、「決済」を軸にフリマアプリと幅広いサービスを連携させる構想を推進。両社の連合で最大手「メルカリ」に挑む。

 楽天はFablicの全発行済み株式を取得した。取得金額は非公表だが、数十億円のもよう。買収後もFablicは存続する。

 Fablicが運営するフリルは2012年7月に、日本初のフリマアプリとしてサービスを始めた。アプリのダウンロード件数は550万件で、利用者の中核を成すのは若い女性層だ。

 楽天も2014年11月に、独自のフリマアプリ「ラクマ」を開始。出品手数料を無料にし、同社が発行する「楽天スーパーポイント」を貯められるようにするなど特色を打ち出してきた。

 楽天は「相互送客などで補完し合いながら、より効率的に顧客基盤の強化・拡大を図る」としている。例えば楽天のサービスを使う登録情報である「楽天会員ID」をフリルでもログインに使えるようにしたり、フリルで取引をすると楽天スーパーポイントを貯められたりできるようにする。

 Fablicは楽天による買収資金をテコに、利用者数の拡大を図る。施策の一例が、現在は売り上げの10%を出品者から徴収している手数料を、期間限定で無料にするキャンペーンだ。テレビCMの放映も検討する。

 ただ、Fablicの堀井翔太代表取締役CEO(最高経営責任者)は単なるCtoCの事業拡大やポイント連携にとどまらない、「決済を軸にした事業構想がある」と打ち明ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら