2016年度に入社を予定する学生の獲得競争が、8月以降激しさを増している。日本経済団体連合会(経団連)の指針で、2016年度に向けた採用スケジュールが大幅に繰り下げられたことが一因だ。面接などの選考活動が解禁されるのは、卒業年度の8月。経団連加盟の大企業などは、8月に面接を開始するケースが多い。

 一方で、外資系企業や中小企業などでは、この指針に沿わずに採用活動を進め、7月までに内定を出すところが少なくない。その是非はともあれ、早く採用を始めた企業にとっては、大手企業の採用活動が本格化する8月以降、既に内定を出している学生を囲い込むことが大きな課題になる。

 そこで、大学生になじみが深い「LINE」と同様のユーザーインタフェースを備える、社員同士のコミュニケーション用ツールを、内定者向けに流用する企業が増えている。

 その1社が、首都圏を中心にストレッチやボディケアなどの店舗「Re.Ra.Ku」を展開するリラク。2015年8月に、トークノートの企業向けSNS「Talknote」を内定者とのコミュニケーションに使い始めた。

画面1●「Talknote」のメッセージング機能の画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 Talknoteは、チャット形式でユーザー同士がコミュニケーションできる機能を備える(画面1)。LINEに似た感覚で使えるため、内定者もスムーズに使いこなせる。リラクにとっても個々の内定者と手軽にやり取りできるし、やり取りの内容を管理しやすいというメリットがある。

 同社は、店舗開発や事業戦略などを手掛ける「総合職」と、店舗で店長やセラピストなどを務める「専門職」という二つの職種で新卒学生を採用している。このうち特につなぎ止めに苦心しているのは、人数の多い専門職だ。2016年度の採用目標は、250人に上る。これだけの内定者一人ひとりと連絡を取り合うのは一苦労だ。

■変更履歴
9月7日の公開時点では第4段落に「首都圏を中心にストレッチやマッサージなどの店舗「Ri.Ra.Ku」を展開するリラク」という表現がありましたが、正しくは「首都圏を中心にストレッチやボディケアなどの店舗「Re.Ra.Ku」を展開するリラク」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2015/9/7 13:30]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら