ERP(統合基幹業務システム)パッケージ最大手の欧州SAPは2017年後半にかけて、新たなソフトウエア製品群「SAP Leonardo」関連のサービス提供を加速する。SAP LeonardoはIoT(Internet of Things)やAI(人工知能)、ビッグデータ処理などに必要な機能を提供する製品群。同社はERPに続く2つ目の事業の柱として注力する構えだ。

 「Leonardoはデジタル時代のプラットフォームになる」。欧州SAP プレジデント・クラウド・ビジネス・グループ/エグゼクティブ・ボード・メンバーを務めるロバート・エンスリン氏は強調する。同氏はLeonardoについて「多岐にわたるデータの活用に必要な機能に加えて、システムの構築を支援する方法論やユースケースを提供していく」と話す。

欧州SAPでCloud Business Groupのトップを務めるロバート・エンスリン氏
(撮影:陶山 勉)
[画像のクリックで拡大表示]

 SAPがLeonardoを発表したのは2017年5月。「SoE(System of Engagement)」と呼ばれる、ビジネスに直結する領域のアプリケーション構築を支援する製品群と位置付けている。同社の業務アプリケーション製品「S/4HANA」と同様に、SAPのPaaS(Platform as a Service)である「SAP Cloud Platform」で動作する。

 SAPの現在の主力製品はS/4HANAだ。S/4HANAは2015年3月に、23年ぶりに発表したERP分野の新製品で、ERPのほかSCM(サプライチェーン管理)やCRM(顧客関係管理)といったアプリケーションで構成。バックオフィス業務を支援する「SoR(System of Record)」領域を支援する。

図●「SAP Leonardo」の位置づけ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら