西日本高速道路(NEXCO西日本)は、高速道路の渋滞や事故の情報を収集・提供する「交通管制システム」を刷新した。中核となるシステムは2014年3月に稼働を開始。SDN(ソフトウエア・デファインド・ネットワーキング)を導入して運用負荷を軽減したほか、仮想化により物理サーバーの台数を従来の半分にするなどした。今後はサブシステムも順次入れ替えて、2016年3月末までに刷新を完了させる。

 NEXCO西日本は、西日本エリアに「九州支社」「関西支社」「中国支社」「四国支社」の四つの支社を構えており、それぞれが高速道路を管理する「交通管制センター」を持っている(写真1)。

写真1●交通管制センター(写真提供:NEXCO西日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 NEXCO西日本は、交通量計測用など様々なセンサーを道路に設置。それらの情報を交通管制センターに集め、電光掲示板などを通じてドライバーに渋滞や事故の情報を提供している。これらの情報収集は、支社ごとに担当区間が決まっていた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら