「ゼロからの創業から無事に1周年を迎えることができた。ありがとうございます」。VAIO株式会社は2015年8月19日、2015年6月8日に社長に就任した大田義実氏の社長就任会見を開催した(関連記事:VAIO大田新社長が事業方針説明、海外進出やロボット受託製造に注力写真1)。大田氏は2014年7月1日の設立から1周年を迎えられたことに対する感謝の言葉で会見を切り出した。

写真1●2015年6月8日にVAIOの社長に就任した大田義実氏
[画像のクリックで拡大表示]

 創業時に社長を務めた関取高行氏は、6月8日付で代表権のない取締役副会長に就任した。現在はオペレーション担当取締役執行役員に就き、8月には取締役も退任するという。創業1年での社長交代は珍しい。これには90%超の株式を保有する日本産業パートナーズ(JIP)の意向が反映されている。大田氏は社長就任の経緯について「株主から選定された」と答えている(関連記事:「スマホは主体性持った商品開発が前提」、VAIO大田新社長就任会見、一問一答)。

2年目のテーマは「自立と発展」

 大田氏は創業1年目を「会社の基盤作りに注力した年」と総括し、2年目は「自立と発展がテーマ。稼ぐ力作りと飛躍への布石を敷く」と述べた。1年目はソニー時代からPCのVAIO事業に関与していた関取氏が社長を務め、新会社の円滑な立ち上げに従事した。関取氏の下で「会社の基盤が整い、製品ラインアップも一通りそろった」(大田氏)ことから、今度は販売力強化のために外部から大田氏が招へいされた。

 大田氏はニチメン(現双日)や双日といった商社での経験を持つ。2010年以降はサンテレホンなどで社長を務めた。大田氏は自身の経歴について「商社出身で営業や財務の経験がある」と語った。PC事業に関与していた関取氏と違って、「外からの視点でVAIOの良い点や悪い点が見えた」(大田氏)とする。

 継続的に利益を上げる企業に生まれ変わるため、大田氏は「営業部の設立」「PC事業の海外展開」「新規領域事業の育成」を掲げた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら