写真1●「スマートメンテナンス」機能搭載を予定しているJR山手線の新型車両「E235系」
[画像のクリックで拡大表示]

 東日本旅客鉄道(JR東日本)が、列車の「IT化」を進めている。旅客向けには、2014年3月から東京都内のJR山手線で「山手線トレインネット」のサービスを開始した(関連記事)。

 これに加えて、列車に搭載したセンサーから“ビッグデータ”を収集。走行中に取得する線路や架線の状態に関するデータを分析し、保守作業に活用する計画を進めている。JR東日本はこれを「スマートメンテナンス」と呼ぶ。

 2013年から東京都や埼玉県内の一部路線で実証実験を実施。2015年秋から山手線で運転開始を予定している新型車両「E235系」(写真1関連記事)で本番運用を始める予定だ。

劣化や摩耗を早期に検知

 JR東日本は、スマートメンテナンス推進によって運行の安全性を高めるとともに、保守業務の効率化によるコスト削減につなげる。この分野は世界の鉄道事業者や車両メーカーにとっても未開の領域で、JR東日本研究開発センターが主導して開発を進めているという。

 線路や架線は経年劣化したり、列車の走行によって摩耗や歪みが生じたりする。安全運行のためには、点検と補修を継続的に実施する必要がある。2013年夏から相次いだ北海道旅客鉄道(JR北海道)の運行トラブルでは、レールの歪みを長期間放置していたことなどが問題になった。

 JR東日本が運営する首都圏の路線は列車運行頻度が高く、設備の損耗が激しい。深夜に技術者を集中的に投入するなどして点検しているが、路線は長大で、詳細な点検を実施できるのは1カ所当たり年に4回だ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら