2016年8月3日、アマゾン ジャパンは電子書籍の月額読み放題サービス「Kindle Unlimited」を開始した(関連記事:アマゾンが電子書籍読み放題、月額980円で和書12万冊以上画面1)。Kindle Unlimitedは、月額980円(税込)で対象となる電子書籍(アマゾンではこれを「Kindle本」と呼ぶ)を無制限に利用できる。

画面1●Kindle Unlimitedの利用登録画面
[画像のクリックで拡大表示]

 今や音楽配信サービスで標準的になったサブスクリプション(会費制)サービスの電子書籍版だ。利用者には30日間の無料お試し期間がある。本稿では書籍でもいよいよ始まった定額利用サービスについて、「本の書き手」の立場から考えてみたい。

 周知のように、アマゾンでは電子書籍の販売を強力に推進してきた。電子書籍リーダー「Kindle」を投入するとともに、独自フォーマットの電子書籍を「Kindle本」として手広く販売してきた。iPhoneやiPad、Android端末向けには電子書籍リーダーアプリの「Kindle」を提供し、端末にとらわれないサービスを展開してきた。

 いわば電子書籍のリーディングカンパニーであるアマゾンは、日本市場でも電子書籍の月額読み放題サービスを遠からず開始するだろうと噂されていた。既に米アマゾン・ドット・コムはKindle Unlimitedを、米国や英国など世界11カ国で展開しているからだ。同サービスの購読者数は順調に伸びていて、利用者の購入額や読書時間がともに30%増加したというデータもある。

 日本市場における電子書籍の月額読み放題サービスには、「Yahoo!ブックストア読み放題」(月額400円/税別)やNTTドコモの「dマガジン」(月額400円/税別)などの先行事例がある。ただ、前者はどちらかというとコミックが中心で、後者は電子雑誌のみのサービスとなる。そこへ月額980円と既存サービスの2倍超の価格とはいえ、圧倒的な物量を誇る書籍界の巨人アマゾンが参入するのだから、その影響力の甚大さは容易に想像がつく。

 今回開始した月額読み放題サービスのKindle Unlimitedは、Kindle本が読める全ての端末で利用できる。

 出版社や本の書き手には、月額読み放題サービスによって、本の売上げがさらに減るのではないかと危惧する人もいるようだ。しかし筆者の立場はその逆で、電子書籍の月額読み放題サービスは、書き手にとって脅威ではなくむしろ機会だと捉えている。以下、順を追ってその理由を説明したい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら