人間のPC操作を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)市場に、大手から新興までIT企業が続々と参入している。NEC、NTTデータ・ビズインテグラル、NTTデータイントラマートがRPAツールや導入支援サービスを発表。ERP(統合基幹業務システム)やBPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)と連携し、全社規模のRPA導入を支援する。ベンチャーのBizteXはクラウド上でRPAを一元管理するサービスを投入した。

 NTTデータイントラマートが進めているのはBPMとRPAの連携強化だ。複数のシステムや人をまたがる業務プロセス全般の可視化や自動化を狙う。

 サービス名称は「IM-RPA」。同社のBPMツール「IM-BPM」から各種のRPAツールを呼び出し、全社の業務プロセスと個々の担当者がPCを使って実施していた定型作業の両方を自動化する。2017年5月のIM-RPA発売時点では、まずRPAテクノロジーズのRPAツール「BizRobo!」と連携できるようにした。連携対象のRPAツールは順次増やしていく。

NTTデータイントラマートのRPAサービス「IM-RPA」の概要
(出所:NTTデータイントラマート)
[画像のクリックで拡大表示]

 製造業の受注から出荷までの業務を例に取ると、全体の業務は商品の受注から設計、生産、出荷、アフターフォローといったプロセスから成る。これらの業務プロセスをBPMツールを使って定義。各プロセスを構成する作業のなかで、PCを使った定型的なものを必要に応じてRPAに置き換える。例えば在庫管理業務のうち、在庫引き当て処理の担当者への依頼メールの作成と送信、処理結果のチェックといったものだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら