米アマゾン・ドット・コムが2014年7月に発表した2014年4~6月期決算が注目を浴びている。クラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」が大半を占める「北米/その他」の売上高が14年1~3月期に比べて減少したからだ。アマゾンは14年4月、米グーグルなどに対抗してAWSの大幅値下げを実施しており、その影響が出た格好だ。

 アマゾンはAWSの売上高を公表していない。ただしアマゾンのトム・スクータックCFO(最高財務責任者)は14年7月25日に行った決算説明のカンファレンスコール(電話会議)で、同社の「北米売上高」の中の「その他売上高」の大半が、AWSであることを認めている。該当する「北米/その他」の2014年4~6月期における売上高は11億6800万ドル。前年同期比では38%増加したのだが、14年1~3月期に比べると3%減少した。

 「北米/その他」の売上高が前期を下回るのは異例のことだ。年末商戦がある10~12月期は売上高が極端に大きくなるため、1~3月期の売上高が前年の10~12月期を下回るということはこれまでもあった。しかしそれ以外の四半期では、「北米/その他」の売上高は常に前期を上回っていた。アマゾンは14年4月、米グーグルが14年3月にクラウドサービスの料金を大幅に引き下げたことに対抗して、「Amazon EC2」などの料金を28%~51%の範囲で引き下げている。この大幅値下げでAWSの売上高が伸び悩んだ。

数量ベースでは前年同期比90%成長

 しかし売上高だけを見て、AWSの成長が鈍化したと考えるのは早計だ。スクータックCFOはカンファレンスコールで、AWSの使用量(ユーセージ)が14年4~6月期は前年同期比90%も増加していることを明らかにしている。つまり数量ベースでは前年同期比90%の急成長を遂げたが、価格を1年で30%引き下げているので、売上高ベースでは同38%の成長にとどまったということになる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら