中古車売買のガリバーインターナショナルは、米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)を使った、中古車査定システムの基盤刷新を進めている。

 従来は主に仮想サーバーの「Amazon EC2」で実現していた機能をPaaSに置き換え、「運用コストを半分近く下げられる見通し」(ガリバーインターナショナル ITチームの月島学氏、写真)。現在、試験中で、2015年9月の本格稼働を目指す。

写真●ガリバーインターナショナル ITチームの月島学氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ガリバーが新基盤に導入する予定の主なPaaSとしては、イベント駆動プログラム実行の「AWS Lambda」、ユーザー認証の「Amazon Cognito」、NoSQLデータベースの「Amazon DynamoDB」、プッシュ通知の「Amazon SNS」がある。

 このうちLambdaは2015年6月末から東京にあるAWSのデータセンターでも使用可能になった新サービス。データが登録されたといったイベントを即時検知し、JavaScriptなどのプログラムを実行するものだ。

 これらのPaaSを使った処理の大まかな流れは次の通り()。まず店舗の査定担当者が、独自のiPad用査定アプリでCognitoからユーザー認証を受け、車両の画像、傷の位置や大きさなどの査定用データをDynamoDBに入力する。

図●AWSのPaaSを使った、ガリバーインター ナショナルの中古車査定の仕組み(試験段階の構成概要)
[画像のクリックで拡大表示]

 査定用データが入力されたことをLambdaが即時検知し、ひも付けられたJavaScriptプログラムを実行。査定用データが、EC2で稼働する本部の査定支援システムに送信される。

 本部担当者が査定支援システムを使って査定額を算出し、査定額データをDynamoDBに送ると、Lambdaはこれを即時検知して、別のJavaScriptプログラムを実行。Amazon SNSを経由して、iPadの査定用アプリに査定額データを送信する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら