写真1●近畿日本鉄道(近鉄)の一般車両
(出所:近畿日本鉄道)
[画像のクリックで拡大表示]

 近畿日本鉄道(近鉄)は2016年3月に、タブレットを利用した多言語放送システムを導入した。案内用にタブレットを導入する鉄道会社は少なくないが、自動放送に使うのは珍しい。急増する訪日外国人(インバウンド)の乗客への案内を強化するのが狙いだ。

 新システムは全ての特急車両と、訪日外国人利用が多い奈良・京都・橿原・天理各線の一般車両(写真1)の合計約1000両で利用する。これらの車両に乗務する車掌向けに、パナソニックの7型Androidタブレット「TOUGHPAD FZ-B2」を採用。約470台を配備。日・英・中・韓の4カ国語の音声データと、独自開発した自動放送アプリを内蔵している(写真2)。

写真2●近鉄が導入した多言語自動放送用タブレットとアプリ
[画像のクリックで拡大表示]

 近鉄では一般車両の車内放送は伝統的に車掌の肉声で行ってきた。列車の大幅な遅れや行き先変更などがあっても柔軟に案内できるメリットがある。その半面、外国語で放送するのは難しい。特に奈良・京都などの観光地を通る路線では、車掌が車内巡回するときに外国人からの問い合わせで忙殺されるようになった。

 近鉄が重視したのは導入のスピードだ。鉄道本部企画統括部技術管理部(車両)の井上正彦氏は「外国人のお客様が増える勢いを考えると、短期間で対応する必要があった」と説明する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら