米マイクロソフトは2014年7月14日(米国時間)から17日にかけて、米国・ワシントンD.C.でパートナー企業向けのカンファレンス「Worldwide Partner Conference 2014(WPC2014)」を開催した。

 基調講演の最終日となる7月16日には、最高経営責任者(CEO)のサティア・ナデラ氏が登壇(写真1)。2014年2月にマイクロソフトの三代目となるCEOに就任して以来、初めてCEOとしてWPCの基調講演で語った(関連記事:[WPC 2014速報]米MSのナデラCEOがパートナー初お目見え、機械翻訳などのデモで歓声)。

写真1●CEOとして初めてWPCで基調講演に登壇した、米マイクロソフトのサティア・ナデラ氏
[画像のクリックで拡大表示]

 CEO就任後、WPCでの初の基調講演ということで、華々しい新製品やサービスの発表が期待されたが、実際には「Vision Keynote」という言葉通り、ナデラ氏が提唱する「クラウドファースト」「モバイルファースト」を前提とした世界における同社のミッションや、何に注力すべきかといった戦略・方針の話に終始した。

 これには現地で基調講演を聴いた報道関係者は言うに及ばず、マイクロソフトの現地社員からも「期待外れだった」との声が出た。

 しかし、WPC最終日となる7月17日、マイクロソフトから驚くべき発表があった。それは、2015年6月30日までに1万8000人を削減するという大規模なリストラ策だった(関連記事:マイクロソフトが1万8000人を削減、1万2500人は旧ノキア所属)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら