NTTデータは2023年までにAPAC(アジア太平洋地域、中国を除く)での売上高を3~4倍に引き上げる。APACの2015年3月期売上高は約250億円と見られ、2023年には最大1000億円までビジネスを拡大させるもくろみだ。成長のテコとなるのは顧客と協業する“共創ビジネス”。自ら投資して顧客と共にITで市場を創り出す。「顧客のビジネスを侵すべからず」という日本本社の不文律が届かない地で、新しいシステムインテグレーターの姿を追求する。

NTTデータのAPAC(アジア太平洋地域)法人で社長CEO(最高経営責任者)を勤める深谷良治氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Beyond IT――。NTTデータのアジア太平洋地域子会社でCEO(最高経営責任者)を勤める深谷良治氏は2015年5月、インドやオーストラリア、シンガポール、タイ、ベトナム、ミャンマーといったAPAC各国の子会社トップを集めた会議で、今後のAPACビジネスの方向性をこう掲げた(写真1)。ポイントを深谷氏は次のように説明する。「NTTデータが顧客をリードして共に市場を創り出していく共創ビジネスをしかけてき、そこで生んだ事業は主体的に当社で運営する。我々が従来得意としてきたIT、つまりシステム構築・運用ビジネスの枠を超えて、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)や従量課金型のサービスでも儲ける」。

 時には過半を出資して市場を育てていくという。「リスクは当然あるが顧客と同じ船に乗るからこそ本気になれるし、市場が大きくなった時の実入りも大きい。市場が伸び出してから船に乗ろうと思ってももう遅い」(深谷氏)。

 日本ではBeyond ITは考えられない。「顧客と競合するようなビジネスをしない、というのが創業時からの伝統」(関係者)だからだ。あくまでITの枠に収まる受託ビジネスが正しく、「レベニューシェア型ビジネスもいくつかあるが総じてうまくいっていない。今は自粛ムードだ」(同)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら