全日本空輸(ANA)が2017年6月、羽田空港で車いすやベビーカーをビーコンで管理する実証実験を終えた。NTTドコモと共同で実施した。ANAが目指すのは空港内に散らばる無数の備品をIoT(インターネット・オブ・シングズ)を使って丸ごと管理し、「備品を探しに行く」作業をなくして業務効率を高めることだ。

ANAはNTTドコモと共同で、羽田空港でビーコンの実証実験を実施した
[画像のクリックで拡大表示]

 実証実験は2017年4月27日から6月30日まで、羽田空港の国内線第2ターミナルで実施。乗客用に貸し出す樹脂製の車いす110台全てと、ベビーカー200台のうち180台に、500円玉大のビーコンを取り付けた。併せて、ANAが使用する22カ所の搭乗口全てと出発ロビー、乗り継ぎカウンター、京浜急行電鉄の羽田空港国内線ターミナル駅改札口、駐車場の合計41カ所にBluetooth Low Energy(BLE)方式のビーコンの受信機を設置した。

 受信機とBLEビーコンはおおむね10m以内に近づくと反応する。各ビーコンは3分間隔で自身のIDを発信し、受信機は2回連続で同じビーコンのIDを受信すると、車いすやベビーカーが受信機の近隣にあると判断し「1台」とカウントする。受信機は台数情報をNTTドコモのクラウドサーバーに伝送し、クラウドサーバーが集約する。

 車いすやベビーカーの所在確認には専用アプリをインストールしたNTTドコモのAndroidスマートフォンを30台使った。アプリは各搭乗口やカウンターに置かれた車いすやベビーカーの台数を一覧表示する。空港スタッフはスマホアプリで車いすやベビーカーが多数滞留している場所から優先的に回収し、貸出場所である出発ロビーの所定の場所に戻す。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら