米グーグルが2015年第3四半期にリリースする次期モバイルOS「Android M」の切り札は、同社が強みを持つ人工知能技術になりそうだ。2015年5月28日(米国時間)、サンフランシスコ市内で開催した年次イベント「Google I/O 2015」でAndroid Mの新機能を発表。人工知能によって検索の手間を大幅に軽減したほか、無料の写真保管サービスにも応用した。

 競合の米アップルも人工知能関連の開発を急いでおり、人工知能による質問応答システム「Watson」を持つ米IBMとも提携済み。グーグルはいち早く先端技術を投入することで、スマホを巡る主導権争いで優位に立ちたい考えだ。

 人工知能を活用した機能の代表格が、スマートフォン(スマホ)のボタンをタップ(長押し)するだけで、人工知能がその時点でユーザーにとって最適な情報を提供してくれる「Now on tap」だ()。例えば電子メールを読んでいる時にボタンをタップすると、人工知能がユーザーの電子メールを読み込んで内容を理解。その電子メールの内容を補完する情報を提供する。

表●グーグルが発表した人工知能を活用した機能やサービス
人工知能がユーザーの意図や写真の被写体を理解
サービス名称概要
Now on tap「Android M」の新機能で、ユーザーの現在の行動内容を人工知能が理解し、ユーザーに最適な情報を提供する
Google Photos容量無制限のフォト・ストレージ・サービス。人工知能が写真の被写体を識別。ユーザーはキーワードで被写体を検索できる

 Google I/Oの基調講演では、「『Tomorrowland』という映画を今晩見ないか?」と書かれたメールを受け取ると、画面の下部に当該映画に関する情報が表示されるデモを行った。人工知能がメールの内容からユーザーが映画に関心を持っていると判断し、それに合う情報を探して提示したわけだ。

 Now on tapは、Androidのパーソナルアシスタント機能「Google Now」の機能を拡張するもの。従来のGoogle Nowでは、「OK Google」と音声でスマートフォンに話しかけてから、質問文(クエリー)を読み上げる必要があった。Now on tapではクエリーは不要。人工知能がユーザーに代わって、クエリーを作成してくれるからだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら