米Intelは2017年5月16日(米国時間)、新型メモリー「Intel persistent memory」を発表し、欧州SAPが米国で開催したイベント「Sapphire Now 2017」でデモを披露した。「SSD(Solid State Drive)よりも高速で、DRAMよりも大容量化しやすい」という特徴を備える。AI関連技術であるディープラーニング(深層学習)の用途で期待を集めそうだ。

DRAMより大容量化しやすく、電源を落としても消えない

 Intel persistent memoryは、Intelと米Micron Technologyが2015年に発表した「3D XPoint」の技術を基にした製品。DIMMスロットに挿入し、メインメモリーとして動作する。DRAMとは違い、マシンの電源を落としてもデータが消えない不揮発性メモリーの一種だ。発売は2018年を予定する。

 Intel persistent memoryの詳細な仕様について、Intelはまだ明らかにしてはいない。仮に3D XPointの発表時と同等の性能とすれば、アクセス速度はSSDと比較して1000倍高速である。DRAMと比べれば遅いものの、記録密度はDRAMの10倍という。つまりDRAMよりも大容量のメモリーを搭載したシステムを実現しやすくなる。

 SAPのイベントでIntelが披露したデモも、大容量のメモリー空間を作れることをアピールする内容だった。具体的には、メインメモリーとして192GバイトのDRAMと1.5TバイトのIntel persistent memoryを装着したサーバーで、SAPのインメモリーデータベース「SAP HANA」の開発中バージョンを稼働。処理するデータの特性に応じてDRAMとpersistent memoryを使い分けることによって十分に高速な処理ができることと、DRAMだけで構成するよりも安価に大容量のメモリーを搭載したシステムを構築できることを示した。

大量データの学習をSSDよりも大幅に短時間で可能に

 新型メモリーの有力な用途として、多くの有識者が指摘するのはディープラーニングなどの機械学習である。ディープラーニングでは、大量のデータを学習するプロセスを高速に回すために、広大なメモリー空間が欠かせないためだ。国立情報学研究所の佐藤一郎氏(副所長)は 「高価なDRAMでは大容量化が難しい一方で、SSDなどのフラッシュではアクセス性能が遅すぎる。両者の間を埋められる」と指摘する。

 ディープラーニングに加えて、企業情報システムのデータベースにも大きなインパクトがあるとの指摘もある。野村総合研究所のITアーキテクトである石田裕三氏(上級アプリケーションエンジニア)は、「トランザクション処理用とデータ分析用でデータベースを分けるという企業情報システムの”常識”を崩せる」と話す。石田氏によると、トランザクション処理とデータ分析の要件を両立させるには、多数のコアを持つプロセッサーと大容量のメモリーを搭載したサーバーが必要という。この大容量のメモリー空間を実現する上で、DRAMよりも大容量化しやすいIntel persistent memoryが役立つわけだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら